先生とは。

先生と聞くと

偉い人と勘違いしていませんか。

 

或る時

先生が言いました。

『先に生まれ、経験や知識があるから教えられる。だから先生なのだよ』

と。

なるほどと幼心に思いました。

 

また

或る時、子供同士のアクシデントがあった時に

幼稚園の先生が言いました。

若い先生でしたが

まるで自分の子供たちの兄弟げんかを丸く収めることが

できなかったことを悔いるように

キチンと報告してくださいました。

そして

こうしていく、と

子供たちの未来に関してうまくいけるような手配を

心配りをしてくださいました。

 

あったことは仕方のないこと。

その先は

どうでしょうか。

あったことをつつくことは

もうしなくても大丈夫です。

 

今の最善を尽くすこと

未来に続く

繋ぐ最善をしていきましょう。

 

筆 一月三舟

 

 

先生、あのね。

子供の頃に

宿題と言いますか作文と言いますか

日記と言いますか

 

『先生、あのね』

というお題がありました。

 

先生に対して投げかける

『先生、あのね。』

 

あのね

先生

こんなことあったよ~

とか

先生、あのね

是って何?

とか

先生、あのね

こんなことしたいんだけど~

とか

結構先生も子供も自由に言ったり聴いたり

出来るようなお題です。

 

お楽しみ会なども出来ました。

学級会で学級委員長が仕切り

みんなしたいことの提案をしました。

 

ドッジボール大会したい

フットベース大会したい

お楽しみ会でそれぞれ興味あることの

出し物をしたい(演劇・化石の研究・なぞなぞ大会・鉄道発表などなど)

 

柔軟な発想で

柔軟な対応で

柔軟な発展と

未来につながる

柔軟な学習方法

 

こうでなくていけない

がんじがらめ

より

個々の個性を見極められる人材

これから

貴方の個性が生かされてきます。

 

好きなモノ、興味あること

大事にしていきましょう。貴方の居場所はきっとある。

 

そして

苦手をおおっぴらに

声高々にしていませんか。

チャンスです。

 

苦手分野を助けてくれるブレーンがなかったとしても

自分が克服できれば

かなりの上級者になれます。

苦手分野を補ってくれる人材がいたとしたら

かなりの上級者になれます。

 

その時々に

合った方法で

自分を生かす努力は

自分でできます。

 

出来る人を目にしてきました。

相手を批判している時間より

自分を高め、努めるほうがためになります。

そして

相手のためを

思ってすることも

のちのちは

貴方のためにも

相手のためにもなります。

 

相手の言っていること耳にしていますか。

自分の思っていること言っていますか。

バランスとれたら

いいことあります。

 

世界は広がっています。

今も昔も。

 

筆 一月三舟

 

 

人と違っても良いんです。 あなたの居場所はきっとある。

個性・個性といいますが

人と違うことに

どこか会話のずれに興味のずれに

指向のずれに心痛めていませんか。

 

合わせる いいことです。

合わせられない いいことです。

 

最近千葉にきています。

古民家の空き家が多いです。

 

その中、海外からや都会からの移住者にも出会います。

 

古民家は荷物もそのまま空き家になっていることが多いです。

さあすぐに住めますよ、といった状態は稀です。

荷物の処理や土地の整備、家のリノベーションなどは自分たちの手で

する方が多いです。

 

その中で印象に残っている方がいます。

古民家といっても歳月を経て

もともと木の建具だったのがサッシになっていました。

それをサッシから木の建具に入れ替える、戻す作業をしていました。

 

昔、柳行李というモノに衣類を入れたりしていました。

行李もバスケットとして使うそうです。

古い自転車がお好きなようで

レトロ自転車を何代も所有、そのうえ

ボロボロの継ぎ接ぎの布を見て

『いいね!』

と目をキラキラさせていました。

 

木の建具を探している彼には 玄関戸建具一組を譲り

ほかの建具が見つかったら連絡すると約束しました。

そのかわりレトロ自転車二台譲り受けました。

 

自分で自分の思い通りの夢を描いて自分の手で実行する!

 

そういう方が増えてきています。

 

そしてそれは

自然と同じ考えの方が集まります。

 

その時にどう動くか。

 

チャンスやヒントは

実はあちらこちらから発信されています。

 

話をしてみる余裕が大事です。

聴いてみる余裕があったらいいことあります。

 

自分の拾ってみる事柄はなんでしょう。

 

掴めてる方を沢山みかけるようになりました。

 

知らないから知るへ。

 

知っているから実行するへ。

 

一歩を踏み出す勇気を。

 

筆 一月三舟

 

 

 

 

 

 

 

道行く先々でおもうこと

人が百人いたとして

百人が同じではない

百人が百人百様であるということ。

 

千葉へは最近よく行っています。

人柄を分かってもらえるには

時間がかかると

以前は思っていました。

じっくり時間をかけて人と生りを分かち合う・・

 

それもありです。

 

今は瞬時に分かち合うのに

チャレンジの日々です。

 

好かった

 

というのはお互いの譲歩しあえる瞬間、

その一瞬の感覚も大切に生きていきたいですね。

 

春一番の風強かったです。

 

アクアライン閉鎖の10分前

すいたおなかに

おいっしい蕎麦を食べよ~

の状況をなげうって

千葉上陸!いたしました。

 

瞬時の選択

 

吉とみるか

凶とみるか

 

貴方の拾い方次第です。

人とは違うのですよ。

貴方に起きた出来事は

今の貴方にとって必然であるということ。

 

 

筆 一月三舟

 

生きていくのは選択の連続

今、こうやって文字打ちをしているの。

これも選択しています。

当たり前の行動さえ

選択して生きています。

 

当たり前は誰から学ぶか?

まずは身近な親・兄弟・祖父母

友達・先生・・・自分に関わった方々

 

こぼれ落ちた星。

 

かわってる

とか

おかしい

とか

 

はその人の生きてきた当たり前からはずれているだけ

 

貴方は輝けます。

自分の出来るのが当たり前を増やしていったら

出来ないことが出来るようになることが多くなったら

ワンナップ!

 

無意識のうちに選択していること

なんですか。

 

もしかして・・

そこにもなにかいいことあるかも

最近実感しています。

 

貴方の今を大事に

面白いこと興味あることどんどんしていきましょう。

 

筆 一月三舟

 

 

 

奈良茶飯と奈良茶碗

半年くらい前

あまり見かけない蓋付き茶碗に出逢いました。

 

ねっとりした納戸色です。

気になり調べてみても

なかなかヒットしませんでした。

f:id:ichigetsusansyu:20170212180420j:plain

奈良茶碗といいます。

最近わかりました。

奈良茶飯を食べるお茶碗だそうです。

 

日本国内は狭いと言われますが

その土地によって

当たり前でも

ほかの地域では知らないことたくさんあります。

 

歴史もからんできますので

面白くなってきます。

 

埼玉県小川町には

忠七めしといったたべものがあります。

いわゆるお茶漬けです。

小川町料亭八代目当主が山岡鉄舟との出逢いで

できたたべものだそうです。

 

奈良茶飯はたべたことありません。

なんだか気になります。

 

出逢いで誠心誠意向き合うと

ケミストリーが起きます。

 

不思議な作用を楽しみたいですね。

 

筆 一月三舟

 

 

 

 

 

f:id:ichigetsusansyu:20170210153242j:plain

今年に入り千葉へ何度か行くようになりました。

気になっていた行列のできているラーメン屋さんへ行きました。

 

注文方法はラーメン・大盛・チャーシュー麺・チャーシュー麺大盛

薬味といったふうにざっくりしています。

どうやらチャーシューの枚数のちがいのようです。

薬味は千葉ではお馴染みの玉ねぎみじん切りのっけです。

f:id:ichigetsusansyu:20170210153749j:plain

メンマを乗っけ忘れたといって

メンマののったお皿を持ってきてくれました。

ざっくりしていておおらかでのどかですね。

 

お隣で会合していた漁師さんたちとも

仲良くおはなしさせていただきました。

しけのため

酒をくみかわしつつ漁師さん同士の会合です。

職種や世代の違う方々とおはなしさせていただくと

色々ためになります。面白い化学変化がおこります。

 

肝心のラーメンは・・

量が多くて全部食べ切れませんでした。ごめんなさい。

 

テレビにでたそうです。

百聞は一見にしかず

一度はお試しあれ。

 

千葉へはアクアラインの開通で随分近くなりましたが

お泊りでしたら

道の駅 保田小学校がお薦めです。

小学校跡地に道の駅ができ、直売所や

caféなど食事できるところも併設してあります。

里山ならではのワークショップなどイベントもしているようです。

 

白を基調として明るい木材で縁側にかわったベランダ、リノベーションして清潔感ある教室に宿泊できます。

 

各地に何校か宿泊施設に生まれ変わった小学校があります。

雇用も生んでいるようですし

いい事例ですね。

 

そのままより

時代の流れで生まれ変わらせるというのも

新しい風を送り込むのも

いいことだと

思っています。

f:id:ichigetsusansyu:20170210155926j:plain

 

筆 一月三舟