どう感じるのも自分次第

愛知県の先人に呼ばれた気がしたので

来てみました。

 

西尾市吉良町

吉良と云えば『赤穂浪士』でお馴染みの『吉良上野介』です。

劇中では悪者になっていますが、

そもそもひとに善悪・優劣などつけられるのでしょうか。

勧善懲悪がドラマチックにさせますが

人生にそれを当てはめ、持ち込むのは

度が過ぎるように感じています。

 

 

感覚で動き

何故気になったのだろう、どうしてだろうと

あとから調べてみるといった感じに過ごしています。

 

吉良町

江戸時代にはさまざまな領主のもとにあったとされ

千葉の大多喜藩や埼玉の川越藩といった

自分にも馴染みや由縁のありそうななまえがでてきます。

 

交通網が発達していなかった昔でも

日本中あちこち移動をしていたことに驚きをかくせません。

 

山形県庄内では

詩人の茨木のりこさんが庄内の地に眠っていることをはじめて知り

改めて名前と詩を知ることになりました。

力強く素敵な言の葉の数々・・

心象に深く届いていきました。

 

[自分の感受性くらい]が胸にずしんと響きます。

 

自分の感受性くらい

自分で守れ

ばかものよ

 

分かりました!

気になるところは行って見ます!

 

地名に惹かれます。昔から使われていた地名はシンプルです。

瓦町は瓦を創っていたのかしらとか

通称からついたのかもしれないなと浪漫が膨らみます。

 

愛知県入りして目にした

吉良吉田・・なんだか行って見たい。

 

海が見えて清々しい。きらきらと輝く水面。

水平線の向こうに半島だか島なのか霞んで見えるのも幻想的です。

あそこではどんな暮らしがあるのだろうと

空想も膨らみます。

 

ああこれがもういちど見たかったのですね。

吉良吉田は茨木のり子さんが育った地だそうです。

 

 

『わかれ!』

なぜか重要な時に自分の身近な人に言われてきました。

それ以来、いろいろなことを分かろうとしています。

魂の叫びでしょうか。

『わかってほしい』ヒト・モノ・コトがたくさんあるようです。

 

筆 一月三舟

 

 

おすそわけ

ひとり遊びでも

おひとりさまでも

みんなとの遊びでも

グループさまでも

 

いいですよね。

 

お声がかかればどこへでも行きますし

ひとりでできることは

ひとりでしますし

ふたりでしたほうが早い時には

ふたりでしますし

だれかに頼んだ方がいい時には

だれかに頼みますし

応用ってそうゆうことなのかな

と思います。

当たり前すぎるほんとうのはなし。

 

余分や余白、余韻は美しい。

 

あまりものには福がある

とはこのことでしょうか。

 

ありがたいことにさいきんではさまざまな依頼も増えてきました。

行けるところには

どこでも行きます。

行けなかったところへも

行けるように調べてみます。

 

カタチを変えて楽しめるスペースつくりもします。

 

筆 一月三舟

 

音楽と古道具とお米

音楽すきなモノ・コトが飛び込んできます。

バンドブームがあったり

音を聴く、奏でることで癒されたり楽しく成ったり

踊りだしたくなったりするので

モノの動きもでてくるのかも・・と思っています。

 

癒しの旅といっても

おかしくない

古道具屋を生業とした時から

さまざまな過去の想い出が

わんさかわんさか去来します。

ギターもドラムもかじっています。

演奏者になれるほどではありませんでした。

若い頃にはかっこいいなあ熱があがっていたのです。

 

分かろうとするな

とか言う方もいますが

分かってきてしまいます。

 

分かっても分からなくてもいいんです。

 

魅力を感じて

風合いを感じて

佇まいに素敵を発見してくれた方への橋渡しをしていく

 

古道具には

古ぼけていても

うすらぼんやりしていても

錆びていても

なにかしら熱量(エネルギー)のバックボーンが見え隠れしています。

職人の心意気だったり

役立つようにとの想いだったり

使っていた人の大事にしていた心配りだったり

おもわず薬缶をおいてしまった足跡だったり

風雨にさらされても耐えていた頑強な芯だったり

 

分かっても分からなくてもいいんです。

 

惹きつける・引き寄せる魅力がそこにある。

 

今日は稲刈りのお手伝いに行きます。

田圃に囲まれていても

藁に囲まれて育っても

稲刈りの経験はありません。

猫の手くらいでも

五十路にもうすぐ手が届きそうでも

体験させてくれることにありがたく思います。

 

ちいさな子供から年齢を重ねた大人まで

体験歓迎のようです。日本人の長い歴史の営みに常にあるお米は

白米・日本酒・味噌など料理にかかせない食材です。

興味あるけどどこからはじめたらいいか分からない方、

はじめの一歩として体験からはじめるのもいいですよ。

また、知識はあるけれど

いちから知りたい方にもおススメです。

 

踊る阿呆に観る阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃ ソンソン

それでは今日もいってきます。

 

筆 一月三舟

 

 

 

 

 

 

嬉しいたよりが届いたので

暑い暑いと言っていた夏が過去のモノに

なってきましたね。

だんだんと

もふもふした羊が頭の中をジャンプしています。

温かそうな羊の毛並み・・フェルトで再現できるかしら。

モフモフと云えば

おうちに蔦が絡まり

緑のもふもふ洋館風も気になります。

 

里山では冬支度をし始めるころでしょうか。

 

日が短くなりはじめました。

今日もどこかの街でお会いしましょう。

 

筆 一月三舟

 

 

 

頭はこころ?

ドリームマップやトリアージタグは応用ができます。

自分のしたいことや夢の実現をするにあたって

どこから手をつけていいか、どこから始めていいか

分からなくなった人にとって

優先順位をわかったり散らかった考え方をまとめたり

なにがしたいかが見える化できて

頭の整理・収納術ができるようです。

モノを捨てられない人に

自分を輝かせる、こころときめくものを残す収納術も

頭を整理するのにすっきりします。

そしてこころときめくものは仕舞い込まずに

身に付けたり

身近に使っていきたいですね。

そうしたら自分もモノも輝きだします。

 

知識もたくさん貯めこんだあとはアクションを起こしたら

きっと輝きはじめます。

 

 

最近では散らばった星のかけらをみつけに

粉々になった星の砂をかき集めに

あちこちへ行くようになりました。

 

お話をしているうちにお題がでてきたり

するので、トリアージタグのルールをなんとなーく

自然と使っていました。

すぐに答えのでないお題はずーっと考えていてももったいないので

頭の片隅に置いておきます。

今やっておいたほうがいいことのアクションをおこす。

どうしようかなーなんて考え続けてなくても

動ているうちに

自然と繋がって来る。

 

教えてもらったの。行く先々で出逢った方たちに。

 

ひとりぼっちかと思い込んでいた

自分はひとりぼっちではなかった。

そう思えるだけで生きていてもよかったのですね。

 

お彼岸だからでしょうか。

センチメンタルな気分になっていますね。

 

暑い夏が過ぎ、季節は秋。

お出かけしたくなる過ごしやすい時期。

10月、11月にはイベントに出展参加する予定です。

 

優しく言葉をかけていただけたら

わんこのようにしっぽを振って喜びます。

出逢いを楽しみにしています。

 

筆 一月三舟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつづけること

個性派俳優といった感じの樹木希林さん。

古いモノを愛する姿も素敵でした。

リメイクして自分のライフスタイルにあわせたりと

今に生かすことも

していました。

独特の物言いと感性で語った

2015年8月22日・登校拒否・不登校を考える全国合宿in山口

の講演での言葉を読みました。

ラフでありながら深い言葉たち。

ふつうとか当たり前とか常識とかに感化されなくていい。

自分の魂に響くことをしていったらいい。

 

 

内田裕也さんの言葉も面白いです。

ぐれるのもたいへん、ぐれるのもパワーがいって、ぐれ続けるのも苦しい

そうです。

これは『ぐれる』の場所にいろんな言葉が当てはまる気がします。

 

いいこでいるのもたいへん、いいこでいるのもパワーがいって、いいこでい続けるのも苦しい

 

夢を追いかけるのもたいへん、夢を実現するのもパワーがいって、夢を見続けるのも苦しい

 

 

 

なにごとも

自分を動かすちからを魂に貯金しておくといいですね。

時にはやすんでもいいんです。

自分を続けることにつながれば。

 

筆 一月三舟

 

 

 

投影

ひとに寄り添うこと

優しさのことばを拾うこと

ひとすじでもひかりだす輝きをみつけること

大切にあつかうこと

 

していきたいと心がけています。

 

それを思ったのはあるきっかけがあったのですが

悲しさもせつなさも儚さも全部味わい尽くしたあと

やはり

ひとの笑顔がみたい

とぐるり一周廻って行きついたからでした。

 

この部品はこうしか使えない

この家具はこう使うべき

と決めつけないでいると自由な発想から

おもしろいことができた♪と思いすっと腑に落ちるように

自分はこういう人だ

と決めつけないでいると

自由に生きられます。

 

先日、とても理知的な印象の女性に逢いました。

モノゴトをすっきりときっぱりと言える方です。

在職中はその道の勉強もされて感度のアンテナも

張りめぐらせていた様子です。

しばし金融や世界の情勢についてレクチャーしていただきました。

女子同士ですがワールドビジネスサテライトつながりで

モーニングサテライトみたらいいよと教えていただき

しばしビジネスのはなしで盛り上がりました。

 

残されたモノを生かしたいと思っても

環境の変化や時代の流れで

どうしたらいいのかなと考えを巡らせることもあります。

終活という言葉も浸透してきていますし

選択の幅も様々です。

そのときは世界観の違う人とも話ができたら

広がりや新しい発見もあります。

そういうサロン的な場所があったらなにか面白いことができるのかもしれませんね。

 

また先日は

未来へ繋がる子供たちへ

ご自分の想いから発信・行動してきた方が

さらにご自分の成長を更新し

町議選に立候補し当選されました。

想いをカタチにしたい、より活動の幅を広げたい気持ちが

びしばし伝わって来ます。

 

ご縁、関わりから生まれる化学変化に

無関心ではいられない。

注目していきたいと古道具屋は思うのでした。

 

筆 一月三舟