受け継がれてゆくモノ 農機具編

信州の山間部では雪が積もり始めています。 リンゴ農家さんは出荷に慌ただしく 早い人ではお餅つきなど年越しの準備を しています。 農家さんをしていたところには 足踏み脱穀機・通称ガーコンという農機具が残っていたりします。 大きくて場所を取り、重い…

受け継がれてゆくモノ

山里に暮らす人の手仕事 お花のブローチを作っています。 素材はシナ布になります。 シナという木の繊維から作られる古代布のひとつです。 布にするまで一年かかります。 人の手から手へ 布になりバッグやアクセサリーとしての カタチになるまで 何人の人の…

bluepieceの出発の原点

この世界へ進むきっかけとなったモノのひとつになります。 水色のペンキの剥がれ具合とアールのガラスが素敵な コーナーガラスケースです。 面白い点が有ります。 引き戸と引き出しが付いている面です。 どちらが売り手どちらが買い手? 信用・信頼関係で成…

タイムマシンそれともタイムカプセル、旅するモノたち

旅するモノたち 市場で出逢いました。 ちょっとしたモノを入れて飾るのにいいサイズです。 抑えた色使いと その時代の使い方によって作り変えたであろう足跡がみえます。 素敵に変えて長く使ってきたのです。 大事にしたらまた長く使えます。 こちらは麻の素…

ラーメンの差し出し方

いいことは 真似したい。 お客さんの減った閉店時間真際スーパーの店内。 目の前にすっと差し出されたのは プラスチックの小さくて白いお椀。 湯気のたったラーメン が入っています。 箸がお椀の上にきちんと橋渡しされていました。 びっくりしていた数秒 ご…

onedaychef

最近話題のワンデイシェフ や 昼はカフェ 夜はバーにと 違うオーナーが店舗をシェアし活用する 事例がとりあげられていますね。 住んでいる地域に ワンデイシェフのカフェがあります。 運営している方は いろいろなことに興味有り 知識も豊富・勉強熱心・人…

風の流れと水の流れ

河も海も 表面上は穏やかに見えてまるで凪のようでも 水面下では流れのはやい場所もあります。 逆に 流れのほぼないゆったりした海底でも 海の上は荒波だったりもします。 風が吹いて 木が左右上下に揺れ動いて まるで大きな団扇のごとく 風をおこしているか…

doityourself

窓を描くつづきをはじめましょう。 ホームセンターで購入した木材です。 寸法が分かればその場でカットしてくれたりもします。 色々な道具が集まって来ましたので 今回は現場で都度カットすればいいかなと束で購入しました。 長いままなので ホームセンター…

まちなみ

古い建物は いろんな経験が詰まっています。 年月や技 大事にされてきた気持ち とある場所に 味のある柱に刀疵があり 曲がりくねった梁のある 古民家がありました。 苦しさも楽しさも引き受け 中のモノたちを守ってくれていました。 が、もうだいぶくたびれ…

ふなっしーがすきです、いもっしーにもあってみたいです。

全国的に知られている 人気のゆるキャラ ふなっしーですが 大好きです。 ゆるキャラと分類されていますが 全力キャラにも見えます。 加藤さんに投げ飛ばされたときの収録を たまたまリアルタイムで 見た時は衝撃が走りました。 その後の活躍から 目が離せな…

素敵を思い描く

漠然として イメージすることが人に伝わらない と歯がゆい思いをしている方多いのでは ないでしょうか。 では 逆に 自分のイメージすることが相手に伝わった時 それは 嬉しい。 相手も嬉しい。楽しい。笑顔になれる。 笑顔がたくさんあつまりまする。 素敵を…

種を蒔く

球根を植えました。 芽が出てくるのが楽しみです。 春にはかわいい花が咲いてくれますように。 楽しくしたいなら 動けばいい できなかった数を拾うより できた数を拾えたらいいですね。 人に拾ってもらったらラッキーです。 それより 自分で拾ったら それも…

窓にはどんな絵を描こう

またなにか帆を進めるがごとく はじめましたよ。 数日前にペンキを三度塗りして乾かしておきました。 木材はホームセンターで寸法通り切ってもらいました。 実際作りながらアイデアを出し合い 多少の妥協もありつつより良い方向へ 向かっていきます。 軽くて…

たちはだかる壁があったとして

道が険しくなってきた と感じたら? その先が行き止まりの壁があったら? 壊す よじ登る 引き返す 空の色のペンキを一面に塗り虹を描く 招き猫が悟ったような彫刻を掘り出す パラグライダーを探して飛び越える 色んな可能性がありそうです。 一緒に歩いてる…

トレジャーハンター

自分を信じて宝物を探す たからモノはなにかな だから~濁点をとったら だから~入れ替えてみたら ホコリをとったり かけらをみつけたり 貴方にとっていいモノ いいモノは貴方の中にある 貴方の傍にある 筆 一月三舟

行く先々で教えてもらうこと

宇宙の星たちの周期のように 人間がくるりくるりと近づいたり離れたり 学校の帰り道アスファルトを見つめ アスファルトから離れたりくっついたりしている靴をみながら ランドセルを背負ってとぼとぼ歩いて考えていました。 自分に起きている出来事は 自分の…

ゆめちから ネーミングってすごく大事

寝る間を惜しんでパンつくりしていた時期があります。 粉は日本の四季では気温や湿度で 微妙に仕上がりが変わります。 種の堅さや柔らかさを 実際に見て触って感じてみてあげます。 自分の好みは 柔らかすぎず噛みごたえがあって 焼いたパンのふんわり粉の香…

単純なこと

行ってみたい してみたい 食べてみたい 試してみたい みてみたい 聴いてみたい 言いたい 楽しみたい かえてみたい 素敵 すごく単純なこと 嫌いから好きへ 悪いから善いへ 判らないから解るへ 気に入らないから気に入るへ すごく単純に未来へつながっていくこ…

星をあつめる

夜空に光る星 周りが明るすぎると感じる現代では なかなかたくさんの星が 見えずらくなっています。 昔むかし米どころ山形 の田んぼの中 少年少女が1キロくらいをあるいていました。 大人たちは久しぶりに会って近況やらなにやら わいわい話しながら家で酒宴…

ウーマノミクス Ⅱ

信じる道を何本も閉ざされ 道に迷っていた時には 眠る時間は疲れ果てた数時間でした。 困っているときに 『どうしたの』と声を 掛けてくれる方 『今信号赤だよ』と いつもは無関心な世の中と思っていた自分でしたが 教えてくれる方たくさん いることに気づき…

ウーマノミクス

道はつながっている と思っていたところ 違う世界に迷い込んで 行けども行けども袋小路の行き止まり 迷子になったことがありました。 迷子になった時には人に聞く を行った先々で繰り返し きょろきょろしていると 時には声をかけてくれる方もいて その都度に…

ようく見てみると奥深いあじわい

自分だけの世界 より 世界を広げて違う人の世界を 実際に見たり聞いたりしてみると 自分の世界も 広がっていきます 女性に人気のパワーストーンですが 10年前、職場の先輩御用達の 石やさんに出会ったころ 『石の知識もないし、どういう石を選んでいいかわか…

脈々と受け継がれる

伝統工芸や職人技に惹かれます。 古くから脈々と伝えられてきたモノです。 続けていくと 数字から始まるのではなく感覚でできるのです。 古民家の曲がりくねった梁をみる機会が多いのですが 構造計算が難しいと言われています。 あったモノ・手に入ったモノ…

なりたい自分になる

人によって受ける印象が違っているようです。 最近ではその辺のことは気にしないでいることにします。 むしろ 面白いですね。 先日、外で作業をしているとお散歩していた方がいたので ご挨拶をしました。 すると興味を示されたのか『なにかできるのかしら』 …

スペース

窮屈だなと感じたとき 一歩を踏み出すチャンス その見えない小さな枠から ひとまわりでもふたまわりでも 大きなところへ 自分から発信すれば 受信できるモノと人有ります 怖がらなくても大丈夫です いつもの見慣れた景色から 一筋でも二筋でも光の射すほうへ…

食べること。人が生きるために大事なこと。 毎朝 トントン・クツクツ・グツグツ・ジュワ~・チリチリ・ジリジリ 音がして 漂う香り 今日のお味噌汁はなにかな おかずは肉じゃがに目玉焼きかな など想像しながら 布団から抜け出す朝。 その昔 こどものころは …

原風景

人と人との出逢いで成長します。 里山へくると癒されます。 そこに暮らす人たちは 当たり前に野菜を作ったり当たり前に保存食を作ったり 当たり前に気になったら話しをします。 当たり前にないなら作ろうと籠を編んだり 当たり前に石や化石が興味あったら川…

言葉のキャッチボール

言葉では全部を上手く伝えられるかどうか わからない不思議な体験をした一年間でした。 過去となった時に どうしたらよい選択だったのか より これで良かったと未来へつなぐ今の最善を尽くしたい。 甥っ子がいます。 彼は小さなころ色々なことに興味深々で …

自分のカテゴリーの箱を作ったらいいですよ

昨日は市場でした。 その道の方なら関東で三本の指に入るのでは と言われている大きな市場です。 今回は荷物が多く、通常はあるはずのお昼休憩も三時休みもなく、少なくなったポジションを誰かが変わる・埋めるなどして補っての開催でした。 (ここがポイント…

一日で進化の過程を視た

先日、生垣を伐採して秘密のお庭が オープンにされました。 道行く人にも 『さっぱりしたねぇ』 と声をかけられることしばしばあります。 まだ切株状に根っこも残っています。さてどうするか。 切株の上で火を焚いたら炭になるのでは? と燃やしてみました。…

BLUEPIECE

今できること とりあえずはひたすら壁を塗る 壁は長年気付かないうちにくすんできます。 光を吸収してしまい明るさを失くしてしまっていました。 やはり漆喰がいいですね。 手軽に塗れます。今回クリーム色を多用しています。 わざと刷毛目でナチュラルな雰…

ニュータイプ

煉瓦風 木のタイルからの へんしーん 白いタイルになっちゃいました。 まだまだですよ。 生垣をやむなく伐採したモノを少しだけ面影として残しました。 ここの部分も未来へ繫げる場所として いかすことできます。 今日の発見したたからモノ ひっそりとかたす…

技術者と資格者

どちらも使う場があったらいいですね。 せっかく自分のがんばった結果を持っているのだから 最大限に可能性を引き伸ばしたい。 あったらいい をカタチにしていくのです。 しゃかりきに回っている歯車とゆったり回っている歯車 ギアを入れ替え平ったくしてか…

素敵な冒険者

金子信夫さん 魚柄仁之助さん このお二人は食に携わりながら自由奔放 自由奔放ながらやることはやる 素敵なことをする・作る・考える。 お酒の好きなお二方。 金子信夫さんはテレビ収録中の料理を作っている際も 呑みながら楽しそうに作っていました。目から…

どっちが本物かって?

ヒントは与えつ、与えられつつ 正解というものは有って無いようなモノ 無くても有ります! 煉瓦風・木の建材をどうするかって 当時はとても高級だったそうですが 光を吸収してしまいとても暗い印象になっていました。 失くすという案もありましたが なんとか…

零れ落ちた砂は

叩きのめされ粉々になって こっぱみじんになって 白か黒か わからない世界に ほうりだされて あなたに守り守られ ふるいにかけられても また混ぜていって栄養になって 少しだけ欠けていてもそばにいてもいいでしょう? 筆 一月三舟

目に見えないモノ 目に見えていたってただの光の反射にすぎない

そこにある 本当でしょうか。 光の反射を当たり前に目にしている人が多数だから 目に見えることだけが常識と思ってる。 大多数 少数派 十把ひとからげ 個々をよく見ましょう 個々の声を聴きましょう 個々のホコリをはらって 個々の純粋な心がみえてきたら 惹…

器の水

人間の体内には水分が含まれています。60%くらいと言われています。 電解質という言葉。 人間は生まれてきたときお母さんの体内で 純粋な栄養の補給のみしています。 感情で心がいっぱいになって 波だがこぼれる溢れだすことがあります。 『いっぱいいっぱ…

バイパス

最近は交通網が発達し 道が繋がり 各方面へのアクセスが楽になってきました。 先人たちもびっくりしているやら 自分たちの努力が報われたとさぞ思っていることでしょう。 今の時代、時間短縮もでき色々な時間の使い方ができますね。 道具もどんどん改良され…

漕いでいます

秘密の庭を 公開していきます。 生い茂っていた垣根 赤目もちと言われています。 門をアーチ状になっていたのが 素敵だなと思っていましたが、大きくなり過ぎて電線に引っかかりそうに なっていました。 網なども針金で固定されていました。丁寧に取り外しま…

ランウェイ

両方からの見方がもともとできていたようです。 大海原に投げ出されひとり舟さえ持たず 漂っていたと感じていた時期 言葉について意味を曖昧なままで使うより 自信をもって言えるよう調べていた時があります。 気になることは調べる・聴く・動くです。 ある…

交差点Ⅱ

最近はテレビをほとんどみていませんでした。 昨夜、うたたねして目が覚めたらファミリーがテレビをつけていました。 とても興味深くてつい見入ってしまいました。 『レンタル救世主』というドラマです。 沢村一樹さん主演で結構どん底な状況下でもどうっし…

交差点

道は繋がっています。 『いいことか~んがえた!』 子供のころそういう子がいると 『え?なになに~』とみんな興味深々集まりましたね。 無関心より 興味がたくさんあったほうがいい。 聴かないより聞いてみたほうがいい。 わからなかったらわかる人に聞いて…

人生すきなこと描いていきましょう。 失敗しても消せばいいの。でも薄く残ってたりします。

旅は続いて道は繋がっています。 漆喰を塗ります。戸袋はどうしましょうか。 漆喰を塗ったあとの床の間と戸袋 薄いベニヤをサイズに切りました。薄いのでDIY初心者でも扱いやすいです。大きなベニヤを切るのもいいですが、敢えての継ぎ接ぎです。 次に黒…

旅人のとまり木へ

地図って面白いですね。見るのがすきでした。 過去形になっているのは 最近地図を見る機会がとんと減ってしまいました。 『むかーしむかし、あったとさ』 草をかきわけ、月明かりで旅した人たちのおかげで 今の世の中になったんだなあ。 今は 地球儀が気にな…

旅と冒険のはじまり ものがたりはここから

大きな波を感じたから小さな舟をこぎ出しました 『すきなことどんどんやれ』父の言葉です。子供のころというより 随分大きな大人になってからのほうがよく言われましたね。 それで今はこういうことはじめました。 只今、壁塗り中。 ものつくりの好きな友人と…