読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日で進化の過程を視た

先日、生垣を伐採して秘密のお庭が

オープンにされました。

道行く人にも

『さっぱりしたねぇ』

と声をかけられることしばしばあります。

まだ切株状に根っこも残っています。さてどうするか。

 

切株の上で火を焚いたら炭になるのでは?

と燃やしてみました。

・・・

役場の方が飛んできてビラをくださいました。

野焼きはしてはいけない

とのこと。

不便な世の中となりました。

火があったことで文明が進化したのですよ。

草や枯葉を燃やすことで農薬を使わなくても

土壌の雑菌や害虫の駆除にも

なるというのになぁ。

火も道具も使い方を誤らなければいい点がいっぱい有ります!

 

といってもくじけませんよ。

次は切株の周りの土を掘り土中の根元からチェーンソーで切りました。

細い木はうまくいきました。

太い木は・・・チェーンソーが小さくてかわいすぎます。

 

じゃあさ、ロープで縛って車で引っ張ろう!

一回目ロープ抜ける

二回目ロープ抜ける

引っ張る強さと速さに根っこが追いついてない様子です。

 

じゃあさ、あの道具で引っ張ろう

f:id:ichigetsusansyu:20161103054238j:plain

チェーンブロック荷重1t

そして今回お役立ちしてくれた栗の木。

f:id:ichigetsusansyu:20161103054601j:plain

じゃらんじゃらんといいながら重いものを引っ張る

人の手を

軽くしてくれる頼もしいアイテム。

f:id:ichigetsusansyu:20161103054914j:plain

f:id:ichigetsusansyu:20161103054950j:plain

f:id:ichigetsusansyu:20161103055050j:plain

ピーンと張って

よいこらせ~どっこいしょ~

f:id:ichigetsusansyu:20161103055243j:plain

がんばって~あともう少し

f:id:ichigetsusansyu:20161103071248j:plain

めりめり~

f:id:ichigetsusansyu:20161103071347j:plain

大きな蕪

ならぬ大きな根っこが抜けました。

智慧と力、心技体があわさるとなんとかなります。

今日はここまで~

 

またすっきりしました。有難う御座います。

 

筆 一月三舟