ようく見てみると奥深いあじわい

自分だけの世界

より

世界を広げて違う人の世界を

実際に見たり聞いたりしてみると

自分の世界も

広がっていきます

 

女性に人気のパワーストーンですが

10年前、職場の先輩御用達の

石やさんに出会ったころ

『石の知識もないし、どういう石を選んでいいかわからない』

と告げると

『自分のいいなと思った感覚で選んでいいんですよ』

といわれました。

当時は可愛い清々しい色の組み合わせが多かったですね。

組み合わせもそんなに複雑ではなく

単体、または単体+クリスタル、

あっても2・3個の組み合わせでした。

石の名前を知りたいために

その辺にあった紙に石の色と名前を書いていただいたことも

ありました。

 

今注目しているのは

『アンバー』です。

原子の太陽エネルギーが万能のパワー効果をもたらす

と言われています。

 

約3,000万年前松柏類植物・樹液が化石化したパワーストーン

中には小さな虫が封じ込められたモノもあります。

遥か昔気づかないうちに封じ込められ

数千年数万年の時が経ち

人々に輝きと幸せをもたらす。

結果としては選ばれたカタチ。

ある意味塞翁が馬と言えます。

 

 

以前でしたら選ばなかった石

時が経ち、随分と世界への見方が変わってきたのでしょう。

 

一年前から毎日身に付けて過ごしてきたのは

ラリマーとアンティークの鍵です。

 

ラリマーは過去から未来へ過ぎ行く時間の流れを感じるのに

よいとされています。

旅人の石とされているターコイズに似ています。

が、ラリマーは時空間を旅する感覚にちかいとおもわれます。

 

大器晩成とはいかに

 

経験者のひょんと発した言葉が

魚の小骨がのどに刺さったときのように

なかなかとれないはがゆさと同じ

心に刺さって

いつも励みとなっています。

 

筆 一月三舟