bluepieceの出発の原点

f:id:ichigetsusansyu:20161212192215j:plain

この世界へ進むきっかけとなったモノのひとつになります。

水色のペンキの剥がれ具合とアールのガラスが素敵な

コーナーガラスケースです。

 

面白い点が有ります。

引き戸と引き出しが付いている面です。

どちらが売り手どちらが買い手?

信用・信頼関係で成り立った時代でしょうか。

よくみていると

奥深いメッセージを受け取ることも有ります。

 

こちらのケースは飯能にあるショップで気に入ったモノです。

オーナーはとても素敵に仕事をしています。

ルビーという

天火オーブンの火元を治していただいたこともあります。

 

古いモノを現代に生かしたカタチに

つくりなおすことできる素敵な方です。

 

色々なアドバイス有難うございました。

 

このガラスケースはきっと顔になるでしょう。

 

今日は先代がお世話になったご夫婦も

ワンちゃんの散歩がてら寄ってくださいました。

気にかけてくれたこと感謝いたします。

 

また進んでいきましょう。

 

 

筆 一月三舟