読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先生、あのね。

子供の頃に

宿題と言いますか作文と言いますか

日記と言いますか

 

『先生、あのね』

というお題がありました。

 

先生に対して投げかける

『先生、あのね。』

 

あのね

先生

こんなことあったよ~

とか

先生、あのね

是って何?

とか

先生、あのね

こんなことしたいんだけど~

とか

結構先生も子供も自由に言ったり聴いたり

出来るようなお題です。

 

お楽しみ会なども出来ました。

学級会で学級委員長が仕切り

みんなしたいことの提案をしました。

 

ドッジボール大会したい

フットベース大会したい

お楽しみ会でそれぞれ興味あることの

出し物をしたい(演劇・化石の研究・なぞなぞ大会・鉄道発表などなど)

 

柔軟な発想で

柔軟な対応で

柔軟な発展と

未来につながる

柔軟な学習方法

 

こうでなくていけない

がんじがらめ

より

個々の個性を見極められる人材

これから

貴方の個性が生かされてきます。

 

好きなモノ、興味あること

大事にしていきましょう。貴方の居場所はきっとある。

 

そして

苦手をおおっぴらに

声高々にしていませんか。

チャンスです。

 

苦手分野を助けてくれるブレーンがなかったとしても

自分が克服できれば

かなりの上級者になれます。

苦手分野を補ってくれる人材がいたとしたら

かなりの上級者になれます。

 

その時々に

合った方法で

自分を生かす努力は

自分でできます。

 

出来る人を目にしてきました。

相手を批判している時間より

自分を高め、努めるほうがためになります。

そして

相手のためを

思ってすることも

のちのちは

貴方のためにも

相手のためにもなります。

 

相手の言っていること耳にしていますか。

自分の思っていること言っていますか。

バランスとれたら

いいことあります。

 

世界は広がっています。

今も昔も。

 

筆 一月三舟