先生とは。

先生と聞くと

偉い人と勘違いしていませんか。

 

或る時

先生が言いました。

『先に生まれ、経験や知識があるから教えられる。だから先生なのだよ』

と。

なるほどと幼心に思いました。

 

また

或る時、子供同士のアクシデントがあった時に

幼稚園の先生が言いました。

若い先生でしたが

まるで自分の子供たちの兄弟げんかを丸く収めることが

できなかったことを悔いるように

キチンと報告してくださいました。

そして

こうしていく、と

子供たちの未来に関してうまくいけるような手配を

心配りをしてくださいました。

 

あったことは仕方のないこと。

その先は

どうでしょうか。

あったことをつつくことは

もうしなくても大丈夫です。

 

今の最善を尽くすこと

未来に続く

繋ぐ最善をしていきましょう。

 

筆 一月三舟