読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 

f:id:ichigetsusansyu:20170509193320j:plainf:id:ichigetsusansyu:20170509193410j:plain

足元の床を張り替えただけで随分かわってきています。

f:id:ichigetsusansyu:20170509193444j:plainf:id:ichigetsusansyu:20170509193513j:plain

こちら流し台と換気扇が有った部分の壁になります。

板が思ったより余ったので壁にランダムに張っていきます。

f:id:ichigetsusansyu:20170509203440j:plainf:id:ichigetsusansyu:20170509203521j:plain

壁の上部は漆喰です。板にはオイルステンをあらかじめ塗っておきます。

トトトトトンテテントンテンテンテン

房州館山から70年くらい前の錆びた釘で留めていきます。

f:id:ichigetsusansyu:20170509203549j:plain

コンセント部分、電気の配線など配置を

決めて刳り抜く作業もこなします。

f:id:ichigetsusansyu:20170509212105j:plain

見える部分のお化粧も忘れずに。

f:id:ichigetsusansyu:20170509212212j:plain

リズミカルな壁が出来ました。

水道管の場所にはミシン台に置いたタイルの洗面台を載せます。

随分部屋の雰囲気もかわってきました。

協力してくれる方々ありがとうございます。

あーじゃねこーじゃね

といろんな意見が飛び交います。

まとめる頭がパンクバンドになる

一歩手前も時にはあります。色を試しに塗って見たりモノを実際に配置してみたり

しながら進めていきます。

すぐにまとまらないときには

 

考え徳~

と一回保留にして寝てしまうこともおすすめです。

頭がリフレッシュして

いいアイデアが浮かんできます。

 

難問が解決し立ちはだかる壁が除かれ

思いがカタチにできてくると

す~っとなり

次に進めます。

想いは溜めて置かずに伝える

想いはカタチにする

 

誰かのために

モノも人も活かしてこそ

輝きを放ちます。

 

 

今日はここまで~

 

筆 一月三舟