シンクロ

ウォーターボーイズ

好きでよく見ていました。

 

男子がシンクロ

今ではメジャーとなりましたが

当時は目からうろこでした。

 

水泳部として日頃の練習の成果を

みんなが楽しめるような

アトラクションショーに仕上げる。

男子ならではのアクロバティックな演出も

盛り込んで

ステージにしてしまう。

 

お披露目の日までに

準備や練習や段取りを組み

当日のたくさんの笑顔に

癒される。

 

いいことがいっぱいあります。

 

楽しんでいただくまでの苦労はたくさんあります。

苦労した分

楽しく過ごせる方々のたくさんの笑顔に励まされ

またがんばろう

といった気分になりますね。

 

喜怒哀楽

 

幸福の度合いは充実から生まれるのですね。

 

直感インスピレーションを

大事にしてはぐくんでいったら

きっといいことあります。

 

筆 一月三舟