開拓民 種を蒔く

ちいさな家庭菜園できるほどの畑があります。

森のほうへ向かって車一台通れるほどの

小道を入って曲がって曲がって・・

地主さんが木を切り拓いたのでしょうか。

家庭菜園用分譲地

といった感じの場所があります。

水が使えるようになっていますのでとても便利です。

f:id:ichigetsusansyu:20170914140407j:plain小さな畑ですが

畑の大きさにあった機械があるととても便利で作業が捗ります。

女性でも操れる管理機をかけてふかふかに耕しました。

f:id:ichigetsusansyu:20170914140532j:plain畝を作ります。

f:id:ichigetsusansyu:20170914140745j:plain測って糸をぴんと張り

糸に沿って三角レーキで溝を掘ります。

f:id:ichigetsusansyu:20170914141313j:plain

畑までは車で15~20分くらいです。

ほかの仕事もあります。

なるべく草刈りの手間を省くため

今回はマルチを使うことを選びました。

穴の空いたマルチを畝に敷いて

飛ばないように土をかけ足でふみ固めています。

f:id:ichigetsusansyu:20170914141827j:plain

二列目

株間何センチと種の袋に書いてあります。

こちらはマルチの穴が多すぎたので

種を蒔かなかったところにガムテープをして

穴を塞いでみました。草予防です。

f:id:ichigetsusansyu:20170914142222j:plain

三列目も同じように・・

 

つづく

 

筆 一月三舟