口価値の意味ら

タイトルを書き始めたら

ひらがな入力のままでした。

 

とても素敵な打ち間違いでしたので

そのままタイトルにします。

 

仕事を続けていく

仕事を次につなげていく

 

一年を四季に分けて見たり

人生を四半期に分けて見たり

 

価値を見出す。

 

つい最近小さな耳にひっかかてきたワードは

大手車メーカーの面接試験で学歴を書かない。

学歴を聞かないとしていると聴きました。

 

学歴だけを見てもその後の働きにうまく結びつくかは

蓋をあけてみなければわからないモノです。

 

 

若者向けの人材派遣会社では

ひとりひとりの自立に向けサポートが充実しているとも

聴きました。

 

やりたいことにいきなり飛び込んでも支えてくれる

ひとが近くにいれば安心できますね。

 

あるIT企業では

失敗を恐れて一歩を踏み出せなくなるよりは

失敗してもいい方向へ転換しているとも聴きました。

 

失敗したからにはなんらかの反省点や盲点があり

それらを知ったからには改善点も浮かび上がる

という考え方です。

 

一個の失敗が改善につながれば

大きなところで役立つといった考えでしょうか。

 

 

365歩のマーチが思い出されます。

 

三歩進んで♪二歩下がる♪

前進していますね。

 

 

畑の無農薬(自然由来の防虫素材)のことを

書こうとしていましたが

このまま天から降ってきたお題目で行きました。

 

やわらかくておいしい新芽を

コオロギたちが喜んでついばんでいるようなので

トウガラシやお酢で防御しようかと

考えているところです。

 

筆 一月三舟