ブルーオーシャン、舟に乗れ。 七夕のものがたり

今日は七夕です。

彦星と織姫の物語。

 

風待月とも云われる

涼しい風が吹き込んでほしいなと大多数が願う

炎帝が元気になるこの時期、

数字の7に縁がある男の子のように腕白で

なんでもやりたがる女の子が生まれました。

 

そのころにしては

女の子だからこうしなさいとか

言われず自由に野山を駆け巡っていました。

夕焼けになったら帰ってくるんだよ、と

言われ「カラスが鳴くからかーえろっ」と日が暮れるころまでは

自転車こぎこぎ家路に着くといった自然体で育ちました。

 

月日は立ち

世の中は気づけば目まぐるしく発展と進化をとげ

女の子自身も大人はこうあるべき

大人の女とはこういった姿であるべき

の[べき論]に自然と溶け込んでいくのでした。

 

いつしかそれはがんじがらめの自分を苦しめていく

縄となり重い鎧となり息ができないほどとなりました。

 

捨てられたりなにかを捨て

だいぶ身軽になったとき

ひとは伸び伸びと自分のしたいことをしたらいいと

気づきました。

 

自発的にものごとを捉えるようになったとき

いままで地面を見ていた瞳は

星に月に向くようになりました。

 

こうしたい、こうなりたい

が言えるようになり

新しいストーリーがはじまりました。

 

織姫と彦星はきっと出逢う

 

その日がくるまで

織姫は

ほかの人が見たことのない創ったことのない素敵な織物を織り

たくさんのひとの輝く笑顔をみた

彦星は

おいしく珍しい作物をたくさん育て

たくさんのひとに喜ばれたくさんのひとが健康になる姿をみた

 

一年に一回、

お互いの一年のストーリーを語り明かす日を迎える。

そして

いつしか彦星は

建築までできるほど勉学に努め逞しくもなり

橋を渡していつでも行き来できるようにした。

いつでも行き来できるが

お互い仕事が面白くてしょうがない。

自他ともに認められているので

だれからもおとがめはない。

自由に好きな時間に好きな場所で会えるようになりました。

橋を創ったのに

舟も創った。

ふたりきりで舟で語らうためでした。ロマンチックですね。

 

仕事のやりくりをしつつ

プライベートの充実が

また明日への原動力になることを

ふたりは知ったのでした。

一緒にいる時間が多ければいいってもんじゃないね。

濃さだね。舟に揺られている時間はとても素敵な時間ね。

と言い合うのでした。

 

二人の想いと願いが重なり合って

生まれたのが

数字の7に縁がある男の子のように腕白で

なんでもやりたがる女の子。

 

ブルーオーシャン、舟に乗れ。

これからをいつも楽しみに今をみつめています。

 

筆 一月三舟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注目したくなる、地域からの発信

思い描いていた未来を託す・分散する。

 

ひとりでするには壮大過ぎて

残りの一生でできるのかな?

でも!

してみたい。

やってみたらいいよ。

やってみようよ。

とあちこちで言ってみたら

同じような考えをしている方々に

出逢ってくる機会が増えました。

 

嬉しいです。

 

少数派でも集まれれば大きな力になります。

元気玉が集まってきました。

まるで野球やサッカーのチームのように

個々がレベルアップ・スキルアップしつつ

集まったときには

ひとつのチームとしてバランスよくまとめ仕上げていく。

そこにあるのは目的意識。

 

それがこれから求められていくことなのでしょうか。

地域からの発信、面白いですよ。

若きクリエイターたちの波と新しい目線

見逃せません。

 

筆 一月三舟

 

いいおしらせ

従来通りがいいのか

革新がいいのか

 

従来通りは決められてきたレールをこなすので楽だと思います。

考えなくても済みます。

革新は新しいレールを敷きなおす作業から

新しい進み方を決めて馴染んでいかなければならないので

大変です。

 

でも・・

停滞していたとしたら・・

なにかが間違っていたのかもしれない

流れから取り残されていたのかもしれない

 

と見つめなおし

違う方法を編み出していくのも

考えて行動するのも

面白いかもと思います。

 

せっかく勉強してきたのですもの。

頭は帽子のためじゃない

阿刀田高さん著のタイトルにもあります。

 

面白い未来を創れるのは自分次第です。

いままでのプロセスを知っている

そのジャンルの専門同志が集まって智慧を出し合えば

それほど大変なことではないはずです。

むしろ、楽しいことだと思います。

 

小さな歯車(ミクロ)と大きな歯車(マクロ)が

きちんと噛み合って動く姿を想像しています。

どうしてこんな機会に巡り合えることができたのだろう・・

 

大家さんの言葉が胸に沁みてきます。

 

『いいお知らせです』

『いいチャンスです』

『流れにのっています』

 

先日、出逢いお話しして楽しいひとときを過ごした方に

言われた言葉も思い出します。

『あなたならきっとできるわ』

 

私も言いたいと思います。

『いいチャンスです。あなたならきっとできます。』

 

筆 一月三舟

 

 

 

 

 

 

動かすパワー

大きなモノを動かせる人は

凄いと思います。

またパワーがあるのでかっこいいです。

 

いまでは熱い人はあまり見かけなくなった気がしますが

気のせいだと思います。

情熱を隠し持っている方はたくさんいるはずと

思っています。

遺伝子の中に先祖のしてきたことのプログラムが

組み込まれているからです。

 

ある時は

畑を耕し作物を育ててみたくなったり

大工仕事をしてみたくなったり

料理の腕を奮いたくなったり

土をこねて器を創ってみたり

絵を描いてみたり

旅に出たくなったり

誰かとお話ししたくなったり・・

勉強したくなったり・・

 

先日から時間の取れた時に

読んでいた

手塚治先生の火の鳥ですが

秀逸です。

 

幼き頃にはよく分からなくて途中で眠くなってしまい

内容が頭に入ってきませんでした。

漫画というよりは

漫画という分かりやすく読みやすい媒体で

哲学や心理学を教える感じです。

 

今なら・・伝えたい事がなんとなく分かります。

 

先人たちは

いろんなカタチで思わぬカタチで

いまのわたしたちに伝えてくれます。

いつの日かわたしたちも先人になります。

その後の世界にどんなことを残せるのでしょう。

 

筆 一月三舟

 

 

 

火の鳥

よく見る江戸時代の器に描かれる染付の図柄に

鳳凰があります。

 

手塚治先生もストーリーの題材にした

火の鳥です。

 

不死鳥とも呼ばれますが伝説の鳥獣です。

 

いま、手塚治先生の『火の鳥』を1、2巻読んだところですが

惹きこまれますね。

そして考えさせられる読み物です。

考えるな感じろ

ブルース・リーに云われちゃいそうです。

 

ではブルース・リーさんがでてきたところで

感じるままに

行って来ます。

 

筆 一月三舟

つきとぼうず

最近、時間をみつけては栃木へ日帰りで行っています。

 

帰り道の途中

たいてい寄り道をします。

のぼうの城で有名な『忍城』がある行田市

街の歴史の中で足袋の街として栄え

藏がたくさん立ち並びました。

時は流れ、今では蔵としての役割から鞍替えして

お店となっている蔵が多数あります。

 

そのうちの一軒で藏をリノベーションして

マスター手打ちのお蕎麦と

美味しいお酒の飲めるお店があります。

店内には控えめなアンティークと

ダイナミックに活けられた花や木も

瞳に栄養を与えるおいしい味付けとなっている

アーティスティックな空間です。

 

本日はぼうずだったことを告げます。

ぼうずとは花札の一枚です。

 

こんな日もあるさーって

今を受け止め

はい。次。

になるためにはリフレッシュも大事な栄要素です。

美味しい料理と楽しい会話とリラックスした時間を

過ごすと自然に身も軽くなります。

人と話すとその人の視点や考え方を知り

自分のなかにあるものと混ざり合って

あらたな発見ができます。化学反応が起こって来ます。

『元気になったから帰るね』

と今後の予定を話します。

未来の約束をして

『またね』

あちらも

『お気を付けてっ!』

と元気に送り出してくださいました。

 

走り始めた車の窓から

薄暗くなり始めた空に大きな白い月が見えました。

見守られている。

包まれている。

付いてくる。

 

ほほ笑みかけてくれるような

まんまるくりくりのお月様(これまたぼうずですね)を見て

また気持ちを新たにするのでした。

 

筆 一月三舟

 

 

 

 

 

湧き水のごとく

湧き水の五徳

 

天然素材ヒロロ草のバッグを創られている方と

栃木で出逢って数日しか経っていない日曜日、

なんと

埼玉へ『ひょっこり』(流行ってますね)

来てくださいました。

 

あの時とおんなじ

『え?』

『うそでしょう?』

『栃木から来て下さったのですか?』

『こんなに早く来てくれたなんて・・』

『嬉しいです!』

と吃驚し、平穏な凪から

さざ波へとお店の空気が変わります。

 

驚かせたりすることがすきそうな静かな笑顔が印象的です。

茶目っ気があり

行動力と興味の幅がある方なのかなと

思い、こころに嬉しさの波が立って来ました。

 

なにもかも

失くした(実際にはなにもかもではなく、あるものはあり、

失くしたものもあったのですが・・)

と思っていたときから

考えると

生かしてくれる言葉のひとつひとつに救われてきました。

そして出逢ったひとの数と

新しいつながりにも有り難く感じています。

 

思えば

これも私の忘れていた眠らせていた才能のひとつでした。

 

壁をつくる

枠をつくる

こうでなくちゃいけない

それが普通なのだと当たり前なのだと思い込んだその日から

幅が狭くなってしまっていたのだとひしと感じる近頃です。

 

気になること、気付いたら後回しせず

すぐとりかかってみることを念頭に

時間のかかりそうな事柄は頭の片隅に

時間がとれたときには再びとりかかる。

なるべくお応えしようとしています。

 

ヒントやお題も楽しもう。

 

自分の素敵なことや素敵なものとともに暮らそう。

 

だれしもいつからでも成長できる。

 

少し毛色が変わりまして

 

今朝がた入ったキーワード『春画』について。

オープンにされずタブー視されることの多い(?)男女の営み

(うまい言い方が浮かびません。

本来は神秘的なことであるはずです。)

がアートへ昇華・認知されつつあります。

 

浮世絵の世界のひとたち・絵師が残された木版画

猪口の高台内に描かれた作品の数々があります。

人間の欲のひとつから生まれた作品たちです。

需用と供給の濃縮されたミクロ版といったかんじでしょうか。

ですが手を抜くことなかれ

北斎など現在では著名で秀逸な作家さんがいる

浮世絵に関して云えば

絵師が描いたモノを木版画に掘り起こし

刷り上げる。

猪口に関して云えば

こんなにも狭い空間に緻密に描きあげたのには、

かなりの腕と技がいったのではないかなと

うーむと唸ってじっと細部まで見入ってしまいます。

しかも猪口は呑んでいるうちには見えず

もうご馳走様と猪口をひっくり返すと

見える仕組みであったりして

或る意味なかなかの遊び心があったりします。

 

芸術作品は素敵。作品を作り上げるまでに作品と向き合い

これがいまできるいちばんのモノですと

細部に響き渡る美の結晶。

 

どの作品も素敵。

たとえクールであっても熱と温かみをうちに秘めたアート。

 

栃木からの来訪者さんの笑顔と背中を見て

さらさらと流れでる透き通った湧き水の如く

さらに実感するのでした。

 

 

筆 一月三舟