気持ちの持ち方

くだらない

おもわれることを

一生懸命している姿

素敵です。

 

くだらない

とは

あがっていくこと

素敵な言葉です。

 

筆 一月三舟

 

 

徒然

どうしてかなと

思っていたことがありました。

 

ひとつめは著名な有名人・芸能人の二世タレントの不祥事についての成人に対しての親の釈明会見

ふとつめは殺傷沙汰の事件についてです。

 

ひとつめの親の釈明会見は先日ある方がテレビにて腑に落ちた

コメントを残されています。

親の偉大さを越したら(不祥事を起こした)子供に対して親が会見をすることはなくなるのではないかと。本人が釈明会見をするようになるだろうと。

 

なるほどと思いました。

切磋琢磨している子供にとっては痛くて辛い話ですが

年齢的には大人になっても親の庇護のもとにいるのは致し方ない現実です。

自分では気づいていないかもしれませんが、

先祖や親に守られています。

 

ふたつめは

いまタイムリーとなっている事件についてですが

事件を起こした方はひどい言葉をたくさん使っています。

本来言葉も使っていい言葉と

使ってはよくない言葉とあるはずです。

じゃあ

なんで使って悪い言葉が実在するの?

となると人に説明する際に

意味が通じなくなる場面に遭遇するので

創られたのではないかと想像します。

もし言葉に囚われることがあるならば

よくない言葉よりいい言葉に囚われたい囲われたい包まれたいです。

 

出来うるかぎりいい言葉をつかっていきたいものです。

そして

まわりである第三者になった時でも

おや?おかしいな?

と、当事者たちの予兆を気に掛けられるようでありたい。

 

ちょっと

もうひとつ気になる時事がありましたので付け足します。

 

水曜日郵便局というプロジェクトがあるそうです。

鮫ヶ崎という場所にポストが設置されているようです。

設置されているポストの手前には

周りにたくさん蔦が生い茂った古くて小さくて暗い

トンネルがあります。

たぶん

暗いトンネルの先に

明るく広がる光と

どこかの誰かとつながる灯台のような郵便ポストが

なければ行くのを足踏みしてしまいそうな雰囲気です。

でも

そこには海原を航海する人が迷わずに

陸地へ無事に辿り着けるよう

導こうとする灯台のような灯りが確実にあるのです。

行って見たい場所です。

投函された郵便物はここではないどこかへ発送されるようです。

(詳しくは検索してみてください。)

とても素敵な試み・プロジェクトだと思います。

 

水曜日郵便局を利用している方のコメントも気になりました。

手紙の結びに『今日も良い一日を』とか『幸せないちにちを』

といった言葉が使われていることが多いと言います。

 

ほんわかとなる言葉をつかえたら

まわりもほんわかとします。

大人になったら

選ぶ自由があります。

真似するとしたら

いいことを真似するを選択したいですね。

 

もうひとつ付け加えます。

とあるところに住んでいる女性がいます。

こどもたちにご飯を食べさせています。

どういった境遇でしょうか。おなかをすかせた子供たちは

はじめするどい目つきをしているそうです。

ご飯を食べてその女性の包み込む優しさがわかったのか

安心して信頼したのか

安堵の表情を浮かべるそうです。

その女性は訴えます。

『どういった境遇・環境で育ったとしても排除するのではない』といいます。

考えさせられますね。

 

 

どうか穏やかないちにちをお過ごしください。

 

筆 一月三舟

 

 

時間と時計

裏方も表方もこなす柔軟さ

時間と自由につきあうしなやかさ

 

いままでは

時間が足りない・・

もっと時間がほしい・・

と嘆いていましたが

どんなカタチでも組み合わせてつきあっていきたい。

 

昨日

『ばんどり』

といった伝統工芸の古民具に出会いました。

素材は藁が主体ですが

装飾性が高く素敵な模様や

さまざまな色も組み合わせて創られ

個性豊かに彩られ編まれています。

もともとの使い方は荷物を背中に背負う際の

体に負荷がかからなくするためのクッション材のような役割だったようです。

この地方(山形県庄内)ではムササビのことを『ばんどり』と呼ぶようで

背負った背中をみてムササビのように見えることから

『ばんどり』と呼ばれるようになったとも云われています。

祝い事の荷物を背負うこともあったようで

そこから装飾を競うようになったのでは?と思われます。

 

最初に

飾られていた老舗お土産物屋さんの若い店員さんに聞いてみてもすぐに的を得た回答はでてきませんでしたが、

店内を物珍し気に見物している間に調べてきてくれました。

 

興味深々

はほかの方にも映ってお互いの謎が解けていきました。

 

それぞれ収穫があるっていいことですね。

 

時間を無駄にしない

とよくいいますが

無駄な時間と思われる時間にも発見が転がっている。

と思う今日このごろです。

 

筆 一月三舟

 

 

 

 

 

 

苗を買って育てるのもひとつの方法

 

昨日

ちいさな実行がちいさな幸せの実をつけていました。

 

何年前のことだったでしょうか。

苗や種を売っている商店が市内にあります。

そのお店の軒先近くの庭先で

まるでスピンドル

天空にまっすぐそびえたつ一本の芯棒

ふっさふっさな大きな葉がまるで

宇宙からのなにかをキャッチしようとしているかのよう・・

お日様の光とパワーをほしがって空に向けて

葉を広げている植物の苗、

大きな葉に守られ、しっかりと芯棒にしがみつき

ぐるりたわわになった小さな緑の球体に

目が釘付けになり、こころ奪われました。

 

今年の秋

これから植える時期をむかえるというその苗にまた出逢い

今度こそじっくり取り組めると思い、育てることにしました。

店の庭先に土づくりをしておいた一角があります。

初秋に食べた蟹の甲羅なんかも混ぜてあります。

いつでも受け入れOKにしておいたのです。

植え替えました。

じんわりと効いてくるように、

土と苗の栄養となる肥料もほどこしておきました。

あとは自然にお任せです。

苗がしっかりしていました。

栄養とお日様の力を吸収する力がある!

きっと大丈夫と信じていました。

 

すくすく大きくなり

ん~実はいつなるんだろう?

おおきくなっただけかなあ?

とはじめてのことですので

ちょっとしたこころのさざ波はありました。

ほかのことをして気を紛らわせて

ときどき

元気にしているかな?と気にかけることにしました。

 

わあ。たくさんなっている。

芽キャベツのベビーたちの誕生です。

やったあ。

とおもわず小躍りと鼻歌がこぼれてしまいそうな

嬉しい出来事。ささやかな幸せの発見となりました。

 

よしよし

がんばったなあ。

環境を変えられても

雨風に耐えてここまでおおきくなったなあ。

 

お試しの一歩ができたので

種から育てられるかなとか

たくさんの株を育てることにチャレンジしようと

未来を思い描くのでした。

 

筆 一月三舟

 

 

 

 

 

 

 

 

 

惹きこまれる魅力

どうしても

幕末・明治大正頃の文化に惹かれていきます。

 

今、自分のしていることは古道具屋さんですが

まだアンティークが趣味の範囲ですきだったというだけのころ

『どういうのがいいの?』

と聴かれたときに

『明治大正ころのモダンな雰囲気』

と漠然と答えていました。

 

色硝子やフリルの硝子。市松模様

銘仙や袴にブーツ

写真という箱型の機械で自分を映しだすものへの

恐怖と新鮮さと喜びと発見。

 

江戸時代に質素な着物・質素な色あいと

庶民は制限されていたと言われています。

そのころからの

パリの万国博覧会への出品や

輸出で外国向け外国受けのラベルデザインを考えて創られた時代

文化の交流が世界レベルで花開いた時期

文筆家も異国文化を戸惑いながらも受け入れ消化し

自作に生かした時代

といったイメージが自分の中に根強く

インプットされているようです。

 

宇野千代さんの自伝小説がテレビドラマ化されていたのを

よく見ていた、

はいからさんが通る

よく見ていた、

からかもしれません。

影響を受けているのかもしれません。

 

それにしても

自由にしていいんだと分かった時に

今までの質素倹約・着物にちょんまげ

といった常識フィールドからの

大きなバックグランド・バックヤードまだ見ぬ世界が

現れたときの驚嘆は

ヒントやインスピレーションに変換し

さぞかし脳に与えられるたくさんの可能性や

夢を与えられたことと考えられます。

 

素敵だな

モダニズム

ジャポニズム

 

筆 一月三舟

 

そこからなにを感じるか

 

その時どうするか

その時どう動くか

 

選ぶのは自分

 

世界はひろい

これからは

天動説も地動説もひっくっるめた

多角度からみてみよう

と星のかけらはおもうのでした。

 

筆 一月三舟

 

 

ほっこりとした笑顔に出逢いたくて

古道具 一月三舟さんは

CAFEを三日間営んでいます。

 

日曜日 いわゆる会社員などの休日・学校の休日

月曜日 美術館や公共施設の休日

火曜日 美容院などの休日

 

どなたにも休日を楽しんでもらいたいとの願いから

この三日間営業にしようとおもったのでした。

 

骨董・古道具を店内に置いてあります。

眺めて触って

お食事ができたりお茶が飲める

スペース・空間を創りたかったのです。

 

『こういうもの昔あったわよね』

『このお皿でお刺身のっけたらいいかな』

『なに時代のものかしら』

『どこどこの窯元で作られていた器です』

『織元が一軒伝統を残すためにがんばっています』

 

といったお話しもできて

ほっこりした時間を過ごしていただきたいとも

思っています。

 

『冬の寒い時期にどういう方法でパンを発酵させているの?』

『古い建物を取り壊すことになったので荷物を見てほしい』

『古民家をリノベーションして厨房創りたいけれど

相談にのってもらえるかな?』

 

といったご相談にものれます。

 

自由な発想

自由な未来への展望

お聴かせください。

 

どれもほっこりとした笑顔に出逢いたいとの思いが

原動力です。

 

筆 一月三舟